スマモバのWi-Fiって本当にオススメ?他社との比較ポイントを解説!

スマモバのWi-Fiって本当にオススメ?他社との比較ポイントを解説!のアイキャッチ「ドコモ回線が無制限で使える!」と話題になっているスマモバ。

対応エリアが広いので、WiMAXの電波が入りにくかった地域でも安心して利用できるのが人気の理由です。

しかし、口コミでは解約に関する悪い話もちらほら…

これだと契約前に不安になるのも無理はありません。

そこで今回は「スマモバって本当にオススメなの?」という人のために評判やポイントを解説していこうと思います。

WiMAXとも比較しているのでぜひ参考にしてみてください。

 

スマモバの評判は?

スマモバはドコモの回線が使えるので繋がりやすさに定評があります。

さらに2017年3月からソフトバンクの回線まで使えるようになり、鬼に金棒のような状態なんです。

ただ解約についてはちょっと悪い口コミがありまして…

スマモバは2年契約で利用できると宣伝しているんですが、じつはルーター代金を分割払いにすると3年契約になっちゃうんですよ。

だから残債を払うときに、「事前にちゃんと調べておくべきだった…」と不満を漏らすユーザーがいるようです。

 

賢い方法で契約すればトクをする

スマモバのWi-Fiルーターは、分割の場合36回払いしか選べません。

でも、2年縛りなのにルーターの支払いは3年なんて……と思った人は、Wi-Fiルーターを一括で購入すればいいだけなんですよね。

初期費用は少しだけ高くなりますが、一括で購入すると

  • 3年縛りがなくなる
  • トータルで17,000円もトクをする

というメリットがあります。

で、契約から25ヶ月目以降は、違約金がゼロ!まったく損をせずに2年間でスマモバを解約できるんですよね。

解約問題さえクリアしてしまえば、利用エリアが広くてリーズナブルなWi-Fiルーターなのです。

 

スマモバを見るときのポイント

  1. ドコモとソフトバンクの回線が使える
  2. 契約から25ヶ月以降の解約なら違約金がかからない
  3. 不明点をチャットで質問するとすぐに返事が返ってくる
  4. 端末代金が発生する
  5. APN設定がちょっと面倒
  6. 通信制限について
  7. auスマートバリューmineは適用されない

スマモバとWiMAXを比較するときに、見てほしいポイントをまとめました。

それぞれを順番に見ていきましょう。

 

1, ドコモとソフトバンクの回線が使える

スマモバの魅力は、対応エリアの広さです。

ただでさえエリアが広いドコモ回線に加えて、ソフトバンク回線も利用できるようになりました。

WiMAXは、マンションの中や地方で繋がりにくいという声をよく聞きますから。

だからこそ、繋がりやすさで選ぶならスマモバです。

 

2, 契約から25ヶ月以降の解約なら違約金がかからない

スマモバは、違約金が優しいのも特徴です。

契約から25ヶ月目以降の解約なら、ずっと違約金がかかりません。(※24ヶ月以内に解約すると税抜9,800円の違約金がかかります)

WiMAXの場合は、「契約更新月」だけ違約金がなくなります。

だから、うっかりして更新月のタイミングを逃すと高額な請求が来るんですよ。僕も更新月に何度泣かされてきたことか。。。

 

3, 不明点をチャットで質問するとすぐに返事が返ってくる

スマモバの契約前にいろいろ質問したいときは、公式サイトのチャットがおすすめです。

電話だとハードルが高いけど、チャットなら気軽にできますよね?

しかも返事が早いので最高です!!

僕が2回試してみた結果、どちらも5分以内に返事がありました。

このサポート体制はすばらしいと思います。

※チャットの受付時間は、10:00〜18:00です。それ以外の時間は専用フォームに入力してメールで問い合わせてください。

 

4, 端末代金が発生する

WiMAXの契約なら端末代金実質0円の場合がほとんどですが、スマモバは端末代が無料になりません。

とはいっても本体を一括で購入すれば19,000円、さらに定期的に端末無料キャンペーンもやっています。

端末代金の支払いはネックですけど、うまくタイミングを計って買えばオトクに手に入れることも可能です。

※ルーター本体を分割で購入するとトータルで36,000円になります。一括で購入すると17,000円もおトク。

 

5, APN設定がちょっと面倒

スマモバの本体が到着したら、APN設定というものを行います。これをやらないとSIMカードでの通信ができません。

APN設定はとくに難しくないんですが、人によっては面倒だと感じる場合もあるようです。

設定の手順は、

  1. SIMカード挿入
  2. ブラウザを立ち上げる
  3. パスワードを入力する
  4. プロファイル設定

の順番で進めていきます。

難しい文字が並んでいますが、すぐに終わるので作業自体は簡単です。

詳しい内容は、こちらのページにすべて記載されているので参考にしてください。

 

6, 通信制限について

スマモバを利用する人の多くが『LTE使い放題プラン』に契約します。これは文字通りネットが使い放題になるプランです。

しかし、3日間の合計通信量が3GB以上になった場合に通信制限がかかってしまいます。

「メールやライン電話などはできますが、動画を見るのは難しい」

ぐらいの速度に制限されます。

そもそも、普通の使い方をしてたら3日で3Gを超えることもないと思いますけど。

 

7, auスマートバリューmineは適用されない

auスマートバリューmineは、auユーザーとWiMAXの組み合わせに適用される割引サービスです。

なのでスマモバのWi-Fiルーターには適用されません。

auの人はWiMAXで契約すればおトクに利用できます。

※プロバイダによっては適用されない場合があります。

 

スマモバの月額料金プラン

  LTE使い放題プラン ギガプレミアムプラン 5GBプラン
月額基本料金 3,480円 4,480円 2,480円
月々割(最大36回) -500円
本体分割支払金(36回) 1,000円
月額料金合計 36ヶ月目まで 3,980円 4,980円 3,480円
37ヶ月目以降 3,480円 4,480円 2,480円

※SIMカードと本体をセットで購入すると「月々割」が適用されます。
※ユニバーサルサービス料が毎月2円かかります。

スマモバの本体を購入するときは、一括払いか36回払い(3年間)のどちらかが選べます。

本体を一括で購入した場合は「本体分割支払金」がないので、月額料金の合計から1,000円差し引いてください。

36回払いを選ぶと月々1,000円支払わなければいけないので、合計支払い金額が36,000円になります。

トータルで17,000円も余分に払うことになるので、スマモバを本気で検討しているなら本体を一括で購入するのがおすすめです。

↓それでは各プランについて詳しく見ていきましょう。

 

・LTE使い放題プラン

こちらの『LTE使い放題プラン』がスマモバのイチオシです。

おそらくスマモバユーザーのほとんどが、このプランを利用しているのではないかと思います。

動画再生やビデオ通話などをよく利用する方にはおすすめですね。

3日間の合計通信量が3GB以上になった場合のみ制限がかかりますが、深夜0時になれば回復するので安心してください。

 

・ギガプレミアムプラン

1日3GBまで楽しめるプランです。

といってもどれぐらいの通信量なのかピンと来ないと思うので、下記を参考にしてください。

  • WEB閲覧/約10,400回
  • LINEトーク/約150万回
  • LINE無料通話/約166時間
  • You Tube標準画質/約12.5時間

※すべて1日あたりの数字です。

一番通信量を使ってしまう動画再生でも「12.5時間分」はあるので、普通に働いている人なら使い切ることはないと思います。

 

・5GBプラン

5GBプランはその名のとおり、月に5GBまで使えるプランです。※一日ではなく一ヶ月なので注意してください。

利用できる通信量はグッと減りますが、月額料金もグッと安くなります。

ただし、5GBしか使えないWi-Fiルーターの存在意義ってなんでしょう。

値段を抑える目的なら、5Gなんてスマホのプランを上げてテザリングすれば十分だと思います。個人的にいえば、あまり契約する意味はないのかなぁと思っています。ほかに有効な使い方があれば教えてください。

というわけで5GBプランはあまりオススメしていません。

※テザリングとは、スマホをWi-Fiルーターとして使う機能のことです。

 

スマモバの取扱機種

  FS030W(スマモバ) W05(WiMAX)
通信速度 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大708Mbps
上り最大75Mbps
対応通信回線 ドコモLTE、FOMA WiMAX 2+、au 4G LTE
通信時間 約20時間(Wi-Fi利用時)
※連続待受時間:約600時間
約9時間(Wi-Fi利用時)
※連続待受時間:約850時間
バッテリー容量  3,060mAh 2,750mAh
サイズ(mm)  約74(幅)×74(高さ)×17.3(奥行き) 約130(幅)×55(高さ)×12.6(奥行き)
無線LAN同時接続台数 最大15台 最大10台
ブルートゥース接続数 5台 最大3台
USBインターフェース microUSB(USB2.0) USB 3.0
SIMスロット microSIM Nano IC
重量 約128g 約131g
カラー ブラック ブラック×ライム
ホワイト×シルバー
メーカー 富士ソフト HUAWEI

スマモバで扱っている機種はひとつしかないので、比較対象としてWiMAXの最新機種『W05』を載せました。

通信対応エリアの広さとバッテリーの持続時間ならスマモバ、通信速度の速さならWiMAXです。

ほかにも細かい違いはありますが、重要なポイントはこの辺だと思います。

地方などに出張へ行く機会が多いなら、エリアが広くてバッテリーが持つスマモバがおすすめですね。

 

知らないと損をする!?契約前に知ってきたい知識

スマモバを契約するなら、ルーター本体を一括購入するのがおトクです。

これを知らないと3年縛りで分割払いにさせられたり、トータルの料金が高くなったりするので注意しましょう。

では今から「ルーターの一括購入が本当におトクなのか」を実証していきます。

LTE使い放題プランの料金を基準に比較してみましたので参考にしてください。

※3年間使い続ける意思があるなら、この項目はスルーしてもOKです。

 

【検証】ルーターの一括購入がおトクであることを実証してみた

  一括購入 分割購入
(36回払い)
登録事務手数料 3,000円
月額料金 3,480円
ユニバーサルサービス料 2円
月々割 -500円
端末代金 19,000円 月々1,000円x36ヶ月
初期費用合計(初月支払い) 24,982円 6,982円
累計
支払総額
6ヶ月目 39,892円 26,892円
12ヶ月目 57,784円 50,784円
18ヶ月目 75,676円 74,676円
19ヶ月目 78,658円 78,658円
24ヶ月目 93,568円 98,568円
25ヶ月目に解約
(違約金なし)
93,568円 110,568円(※1)

2年間(24ヶ月)ルーターを使った場合の支払総額の差をまとめました。

分割で購入すると、2年で解約したあとに残り12ヶ月分の本体代12,000円を一括請求されます。(上記の表の「※1」を参照)

というわけで、一括購入すると17,000円もおトクになります。

 

※2年でキレイに精算できる

しかもメリットはこれだけではありません。

2年間でキレイさっぱり解約できるというのも魅力的なんです。

残りの端末代金12,000円を一括請求されてしまうとなると、解約をためらってしまうこともあります。

その結果、3年間なんとなく使い続けてしまったり。

でも、これでは企業側の良いカモじゃありませんか。賢く使いこなすのならルーターを一括で購入しましょう!

 

申し込む前の5つのチェックポイント

  1. 利用エリア
  2. サポート体制
  3. 発送〜到着までのスピード
  4. 支払い方法
  5. 機種変更

スマモバに申し込む前のチェックポイントをまとめました。

あとで後悔しないようにしっかり読んでおいてくださいね。

 

1, 利用エリア

スマモバがあなたが住んでいるエリアに対応しているか、契約前に調べないといけません。

調べ方はコチラのページにアクセスして都道府県を選ぶだけです。

通信速度も調べられるのでぜひ試してみてください。

 

2, サポート体制

スマモバの公式サイトにはチャットシステムがあります。

問い合わせするとスピーディに返事が返ってくるので、分からないことは気軽に質問しましょう。

僕が実際にやったときは5分以内で返信が来ました。

SIMカードの故障など、細かい内容であればサポートセンターに連絡する方法もあります。

メモ

【サポートセンター】

TEL:0570-022-577(10:00〜18:00)

※端末の故障に関しては、スマモバではなくメーカーに問い合わせをしてください。

 

3, 発送〜到着までのスピード

スマモバの端末は、到着までに一週間程度かかります。

状況やエリアによってはもっと早く届く場合もあるでしょう。

 

4, 支払い方法

スマモバの支払い方法は、ネット申し込みならクレジットカードのみです。

でも、一部の店舗に足を運べばクレジットカード以外の方法でも支払えます。

クレジットカードを持っていない人は、各店舗に問い合わせをしてみましょう。

各店舗の電話番号は、こちらのページから確認できます。

 

5, 契約前に準備するもの

  • ご本人様名義のクレジットカード(VISA, Mastercard, JCB, AMEX, DinersClub)
  • メールアドレス(info@smamoba.jpを受信できるように設定する)
  • 本人確認書類(氏名・住所・生年月日の記載があるもの)

ネットから申し込みするときは、事前に上記の3つを準備しておきましょう。

クレジットカードがない場合は、直接店舗に行って契約する方法もあります。

各店舗の住所は、こちらのページから確認できます。

 

スマモバの解約方法

  1. ネットで解約する(マイページかチャット)
  2. 電話で解約する(コールセンターへ連絡)
  3. 正規認定ショップで解約する

スマモバの解約方法は、上記の3つです。

一番ラクな方法がいいなら、スマモバのサイトの画面右下にあるチャットから申請しましょう。

些細な質問にも返答してくれますよ。

チャットの対応時間は10:00〜18:00なので、それ以外の時間は専用フォームに入力して問い合わせてください。

 

1, ネットで解約する(マイページかチャット)

ネットで解約するなら、チャットで申請するか、マイページから手続きするかのどちらかです。

マイページから行う場合は、契約情報のページを開き、下の方にある「解約申請」をタップしましょう。

後日、スマモバから登録しているアドレスにメールが返ってきます。

これで解約の受付は完了です!

 

2, 電話で解約する

電話で解約する場合は、コールセンターに連絡します。

対応時間はチャットと同じく10:00〜18:00なので注意しましょう。

TEL:0570-022-577

 

3, 正規認定ショップで解約する

ネットや電話での解約がどうしても不安な場合は、認定ショップに足を運んで解約手続きをします。

全国に16軒あるので、近隣エリアに住んでいる人は行ってみましょう。(広島・山口・新潟・福岡・東京・神奈川・大阪・三重のみ)

詳しい住所は、こちらのページで確認してください。

 

【注意】解約後は必ずSIMカードを返却しましょう

スマモバを解約したあとは、SIMカードを返却しないといけません。

運営元が指定する期日までに返却しなければ、3,000円の手数料を請求されます。

 

スマモバの評価

今回はスマモバの評判やポイントについて解説していきました。

このルーターは、利用エリアが広いドコモ回線を無制限で使えるのが最大のメリットです。

本体を分割払いで購入すると、3年縛りになって厄介ですが、一括購入することでそれを回避できます。

賢い方法で契約すれば使いやすいルーターなので、利用するならぜひ一括購入を検討してみてください。

 

【こんな人にはおすすめしない】

  • 通信速度にこだわる人
  • auユーザー

【こんな人におすすめ】

  • 端末を一括購入できる余裕がある人
  • 電波が入りにくいエリアに住んでいる人