ソフトバンクエアーはどんな人におすすめ!?評判や注意点を解説します

ソフトバンクエアーはどんな人におすすめ!?評判や注意点を解説しますのアイキャッチ

「自宅にWi-Fiがほしいけど、回線工事が面倒くさい…」

そんなとき手軽に設置できるソフトバンクエアーがあると便利ですよね。

コンセントに差すだけで使えるので、インターネットや回線に詳しくない人でもすぐに始められます。

でも、どんなモノにも良いところと悪いところがあるので、契約前にしっかり理解しておくことが大切です。

それらを踏まえた上で「ソフトバンクエアーがどんな人におすすめなのか」を解説していきます。

 

サッと読むための目次

ソフトバンクエアーはどんな人におすすめ?

ソフトバンクエアーは、ズバリ面倒くさがりの人におすすめ」です。

回線工事をしなくてもコンセントに差せば、自宅でWi-Fiが使えるようになりますから。

しかも引っ越しするときは、つぎの場所に持っていくだけ。

簡単な住所変更の手続きはありますが、光回線を契約することに比べれば圧倒的にラクなんですよね。

ソフトバンクエアーは夜間に速度制限がかかることがあるのですが、昼間にネットを利用することが多いのであれば、その心配もありません。

 

ソフトバンクユーザーにもおすすめ

ソフトバンクのスマホや携帯電話を使っている方にも、ソフトバンクエアーをおすすめします。

なぜなら『おうち割 光セット』で毎月のスマホ利用料が最大2,000円(2年間)も安くなるからです。

しかも割引の適用者は1人だけではありません。

一緒に暮らしている家族だけならまだしも、別の場所で暮らしている家族も対象になります。

※同姓、または同じ住所であることが条件なので、確認のための書類が必要です。

家族の条件について詳しく知りたい方はこちらのページを参考にしてください。

 

ソフトバンクエアーのメリット・デメリット

【デメリット】

  • 実質の契約期間が長くなる

【メリット】

  • とにかく手軽に設置できる
  • 他社から乗り換えるとき10万円まで負担してくれる

ソフトバンクエアーのメリットとデメリットをまとめました。

あとでガッカリしてほしくないので、先にデメリットから解説していきます。

 

・【デメリット】実質の契約期間が長い

ソフトバンクエアーのデメリットは、契約期間が長くなってしまうことです。

詳しい説明は後半に書いていますが、実質4年使わないと違約金かルーター代金のどちらかを請求されてしまいます。

とはいっても4年以内に解約した場合だけなので、契約期間満了まで使い続ける予定なら問題ありません。

ぶっちゃけ他社に乗り換えるのって、手続きとかいろいろ面倒ですよね。それなら思考停止して同じプロバイダを使い続ける方がラクかな、とも思ったり。。。

ちなみに、諸事情でどうしても2年以内に解約したいのであれば、ルーターをレンタルにしましょう。

月額料金が529円増えますが、レンタルなのでルーター代の請求もなくなりますし、違約金もかかりません。

 

【メリット】とにかく手軽に設置できる

ソフトバンクエアーのメリットは設置の手軽さ!これが最強クラスです。

光回線の場合だと、工事業者と日程の調整をしたり、解約時に撤去しないといけなかったりと、いろいろ手間がかかりますから。

マンションやアパートに住んでいる人は、管理会社や大家さんに相談しないといけない物件もありますし。場合によっては回線工事を断られることもあります。

でも、ソフトバンクエアーなら「届いた日にコンセントへ差す」だけOKです。

色々な手続きなどから開放されるのは最高ですね。

 

【メリット】他社から乗り換えるとき10万円まで負担してくれる

さらに、もし他のWi-Fiサービスを使っているなら『あんしん乗り換えキャンペーン』が利用できます。

これは乗り換え時に発生する違約金や撤去工事費を負担してくれるキャンペーンです。

乗り換えるときには証明書を提出すれば、実際に支払った違約金や撤去費用がキャッシュバックされます。

キャンペーンの適用が認められれば、翌月の下旬ぐらいに普通為替が送られてくるので、郵便局で換金して現金を受け取ればOKです!

最大で10万円まで負担してくれるので、お金のことで悩まされる心配はありません。

 

ソフトバンクエアーを見るときのポイント

  1. 代理店から契約するとキャッシュバックがもらえる
  2. 無制限で利用できる
  3. 本体はレンタルか購入が選べる
  4. チャットで気軽に問い合わせできる
  5. クレジットカードがなくてもOK
  6. 解約は電話のみ

ソフトバンクエアーの契約を検討する際に見るべきポイントをまとめました。

それでは順番に解説していきますね。

 

1, 無制限で利用できる

ソフトバンクエアーは、原則としてネットが無制限で利用できます。※夜間は速度制限がかかる場合もあります。

WiMAXや格安シムのように毎月の通信量でビクビク怯える必要はありません。

それから、料金プランが1つしかないのでシンプルです。

インターネットや回線に詳しくない人って、料金プランを見るだけでも混乱することがありますから嬉しいですね。

 

2, 代理店から契約するとキャッシュバックがもらえる

Wi-Fiの乗り換えを検討するとき、気になるのがキャッシュバックですよね?

ソフトバンクエアーの場合は、正規代理店のサイトから申し込むとキャッシュバックがもらえます。

金額はそれぞれの代理店によって違いますが、調べたところ平均で25,000円ぐらいのようですね。

たまに大きな金額を提示している代理店がありますが、『最大◯万円』のような表記には注意してください。オプションを付けないといけなかったり、キャッシュバックの申請が面倒だったりします。

 

※契約する場所に注意!

正規代理店以外にも、

  • ソフトバンクの公式サイト
  • ソフトバンクのショップ
  • 家電量販店(ビックカメラ・ヤマダ電機など)

などで申し込みはできますが、こういう場所だとキャッシュバックをもらえない可能性が高いです。

※『あんしん乗り換えキャンペーン』は、解約費用を負担するだけなので、キャッシュバックではないという前提で記事を書いています。

 

3, 本体は購入かレンタルを選べる

  購入 レンタル
メリット 割引が適用されるので実質0円になる 残金がないから2年で解約できる
デメリット ・途中で解約すると残金を請求される
・売却や再利用ができない
・毎月490円払わないといけない
・返却しないといけない
こんな人に
おすすめ
・2年以上使う予定がある ・2年以内に解約する可能性が高い
・引っ越しや転勤が多い

ソフトバンクエアーの本体は、購入かレンタルのどちらかが選べます。

それぞれのメリットとデメリットは上記の表にまとめました。

2年以上使うのであれば、購入する方がおトクです。

3年経てばルーター代金が実質0円になります。

 

※2年以内に解約する可能性が高いなら、レンタルにしておいた方が無難です。

とくに引っ越しが多い人や、転勤族の旦那さんを持つ人だと、引っ越し先のエリアでソフトバンクエアーが使えない可能性だってありますからね。

購入したルーターがもし引っ越し先で使えなかったら、解約するしかありません。

でも、その場合も残金が請求されてしまうんですよね。※違約金は免除

そうなると「実質0円だから購入したのに…」と後悔するかも。。。

 

4, チャットで気軽に問い合わせできる

  • 公式サイトのAIチャット
  • 電話

ソフトバンクエアーについてなにか困ったことがあったら、上記の方法で問い合わせができます。

できれば電話をかける前に一度チャットサービスを利用するのがいいですね。

そうすれば手軽に回答を得られるし、カスタマーセンターの混雑解消にもつながります。

しかもこのチャットサービスはAI(人工知能)が自動で答えてくれるんですよ。なんかワクワクしますよね。

それでも解決できなかった場合や「問い合わせ内容が複雑だから詳しい人と話したい」という場合は、電話を利用するのがおすすめです。

メモ

【受付時間】10:00~19:00

【電話番号】186 + 0800 – 1111 – 820

※「契約した電話番号」か「連絡先として登録している電話番号」から電話します。必ず頭に「186」をつけて電話番号を通知してください。

 

5, クレジットカードがなくてもOK

ソフトバンクエアーは、クレジットカード以外の口座振替にも対応しています。※ゆうちょもOK

クレジットカードを持っていない人や使いたくない人にとっては嬉しいですね。

ソフトバンクユーザーならスマホ代と一緒に支払うこともできますよ

 

6, 解約は電話のみ

ソフトバンクエアーの解約方法は電話のみです。

ネットから手続きはできません。

詳細は後半に載せています。

 

ソフトバンクエアーの基本的な情報

月額料金

ルーター 購入 レンタル
基本料金 5,270円
ルーター代 1,620円(36回) 529円
月々割(ルーター購入者のみ) – 1,620円(36回) 0円
はじめようソフトバンクエアー割(24ヶ月間) – 1,080円
合計 24ヶ月目まで 4,190円 4,719円
25ヶ月目以降 5,270円 5,799円

※すべて税込み表示です。

ソフトバンクエアーの月額料金をまとめました。

ルーターを分割払いで購入すると、月々割が適用されるので実質0円で手に入ります。

だから「途中で他社に乗り換える気はないから4年間使うよ」っていう人が、一番トクをするんです。

でも、3年以内に解約すると残った本体代金を請求されるので気をつけましょう。

レンタルにすると支払いが月々529円増えますが、2年以内に解約する(または解約する可能性が高い)のであれば、こちらの方がおトクです。

 

ルーター本体(Airターミナル)の詳細

  Airターミナル3 Airターミナル2 Airターミナル
通信速度 下り最大350Mbps 下り最大261Mbps 下り最大110Mbps
通信方式 4G方式:AXGP(2.5GHz)、
TDD-LTE (3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)
4G方式:AXGP(2.5GHz) 4G方式:AXGP(2.5GHz)
サイズ(mm) 208 x 95 x 95 208 x 95 x 95 261 x 220 x 64
重さ 550g 550g 610g
最大接続数 64台 64台 32台

※ソフトバンクエアーの本体をAirターミナルといいます。

一番新しいのはAirターミナル3で、通信速度が前回よりもパワーアップしています。

下り最大350Mbpsなので「すごく速い!」とは言えませんが、ネットで買い物したり、ちょっと動画を見たりする分には問題ありません。

見た目のデザインは、Airターミナル2のときから縦長に変わってスッキリしています。

しかも白色だからどんなインテリアにも馴染むんですよね。

他社のWi-Fiルーターよりもオシャレ感があるので、わざわざ隠したり高いところに置いたりする必要もないでしょう。

 

知らないと危険!?契約前に知っておきたい知識

  1. 実質4年契約になる
  2. 自宅以外の場所で使ってはいけない
  3. 引っ越し先で使えなかった場合のリスクが大きい

ソフトバンクエアーを契約する前に知っておいてほしいことをまとめました。

すごく大事なことなので、必ず目を通すようにしてください。

 

1, 本体を分割払いにすると実質4年契約になる

ソフトバンクエアーの本体を分割で購入した場合、実質4年間は使わないと何らかの費用が発生します。

なぜなら契約が2年ごとの更新であるのに対して、ルーターの分割払いが3年縛りだからです。

下記の表でもっと分かりやすく解説しましょう。

  2年目で解約 3年目で解約 4年目で解約
違約金 0円(25ヶ月目のみ) 9,500円 0円(49ヶ月目のみ)
分割払いの残金 19,440円
(1620円 x 12ヶ月)
0円 0円
発生する費用 19,440円 9,500円 0円

※ルーターの金額は58,320円。36回払いにすると月々1,620円ですが、契約中は1,620円の割引が適用されるので実質0円です。

2年で解約すると残りのルーター代金12ヶ月分が請求され、3年で解約すると違約金9,500円が発生します。

ルーター代も違約金も払わずスムーズに解約するには、49ヶ月目に解約しないといけません。

※もし2年以内に解約する可能性があるなら、ルーターをレンタルするのがおすすめです。

 

2, 自宅以外の場所で使ってはいけない

ソフトバンクエアーの魅力は、コンセントに差すだけですぐ使えること。

だから、ついついほかの場所にも持っていきたくなりますよね?

でも、じつは契約時に登録した自宅の住所以外では使っちゃダメなんです。

使っているのがバレると、ソフトバンクから警告通知が来るので絶対にやめておきましょう。※ほぼ100%バレます。

 

3, 引っ越し先で使えなかった場合のリスクがある

もし引っ越し先でソフトバンクエアーが使えなかった場合、違約金の9,500円は免除されます。

でも、本体の分割払いが残っていた場合は、残っている分をすべて支払わないといけません。

ソフトバンクユーザーならスマホ料金と合算して、分割払いに対応してくれるんですが…

それ以外のユーザーは、残金を一括請求されます。

このようなリスクがあるので、引っ越しが多い人はルーターをレンタルすることも検討してみましょう。

 

申し込む前の5つのチェックポイント

  1. 利用エリア
  2. 支払い方法
  3. 手元に届くまでのスピード
  4. メーカー保証
  5. クーリングオフ

ソフトバンクエアーに申し込む前にチェックするべきポイントをまとめました。

全部で5つあるので、順番に確認していきましょう。

 

1, 利用エリア

あなたが住んでいるエリア、またはこれから引っ越すエリアが、ソフトバンクエアーに対応しているか調べましょう。

対応していなかったら契約する意味がないので、諦めて別のWi-Fiを検討するしかありません。

下記のリンクをタップすると、利用エリアと下り速度がチェックできます。

利用エリアをチェック

 

2, 支払い方法

  • クレジットカード
  • 口座振替(ゆうちょOK)
  • スマホ代と合算(条件あり)

支払い方法は、上記の3つです。

クレジットカードを使いたくない人や持っていない人には、口座振替をおすすめします。

スマホ料金と一緒に払いたい場合は「SoftBank 光またはSoftBank Air」と「おうち割 光セット」に加入しないといけません。

おうち割 光セットの詳細はこちらのページから

 

3, 手元に届くまでのスピード

ソフトバンクエアーの本体が手元に届くまでの時間は、どこで契約したかによって変わります。

ネットで契約した場合は、1週間程度だと思っておいてください。

とにかく急いで使いたいなら、ソフトバンクのショップや家電量販店で契約すると、その日のうちに持って帰れます。※レンタルの場合は除く

 

4, メーカー保証

ソフトバンクエアーのメーカー保証は1年間です。

ユーザーの不注意や災害などによる故障の場合は適用されませんが、それ以外の場合は無料で交換してくれます。

 

5, クーリングオフ

ソフトバンクエアーの本体が手元に届いてから8日以内であればクーリングオフが適用されます。

通信エリア内であっても、本体を置く場所や家の位置によって十分な通信ができないことはありますからね。

もし使えそうにないなら、カスタマーセンターに電話して伝えましょう。

事務手数料や返却の送料もかからないので良心的ですよ。※送料は着払いでOK

メモ

正確にはクーリングオフではなく、それに近い制度をソフトバンク側が作っているだけです。

「1週間お試しキャンペーン」のようなものだと思っておきましょう。

 

ソフトバンクエアーの解約方法

ソフトバンクエアーの解約方法は電話のみです。

カスタマーセンターに連絡し、解約することを伝えましょう。

あとは借りていたものを返却するだけです。

このときの送料は契約者が負担することになります。

カスタマーセンターの詳細は、下記をご覧ください。

メモ

【受付時間】10:00~19:00

【電話番号】0800 – 1111 – 820

 

【注意点】ルーター本体を購入している場合

「購入しておけば、再開するときにまた使える」と思われがちですが、一度解約するとそのルーターはもう使用できません。

だから一時的に解約するという方法は使えないのです。

この点を理解した上で購入かレンタルのどちらにするか考えましょう。

 

【注意点】ルーター本体をレンタルしている場合

ソフトバンクエアーは、ルーター本体を購入するかレンタルするか選べます。

レンタルしている人は、解約時にほかの機器と一緒に梱包して必ず返却してください。

引っ越しの際に紛失してしまったなどの理由で返却できないと、高額な費用を請求されます。

もし故障していた場合も同様です。

違約金は下記の表を参考にしてください。

  未返却 故障など
Airターミナル 23,000円 9,500円
Airターミナル2 33,000円 16,000円
Airターミナル3 33,000円 16,000円

 

ソフトバンクエアーの評価

今回は「ソフトバンクエアーがどんな人におすすめなのか」について解説しました。

面倒くさがりな人にはピッタリのWi-Fiなので、その理由を最後におさらいしましょう。

  • 設置するときも撤去するときもラク
  • 昼間にネットを利用することが多いから速度制限に引っかかりにくい
  • 4年間使えば違約金もルーター代も0円
  • 料金プランが1つしかないからシンプルで分かりやすい
  • スッキリしたオシャレなデザイン性でインテリアに馴染む

これならインターネットや回線に詳しくない人でも気軽に始められますね。

上記の理由にピンと来た方は、ぜひソフトバンクエアーを検討してみてください。