WiMAXプロバイダ

それ高すぎじゃない?タブレットの通信費用を節約する裏技

更新日:

最近、スマホよりもタブレット派の人が増えてきましたね。

画面が大きくて見えやすいのでとても便利です。ちょっとした調べ物ならPCの代わりとしても使えますよね。

ですが、思わぬところで通信費用が掛かる場合もあるようです。

そこで今回は、タブレットの通信費を下げる・節約する裏技を解説していきたいと思います!

 

タブレットの通信費用を抑える方法とは

インターネットを契約したときや、スマホを新しくするときに一緒に進められることが多いタブレットの契約。

しかし、いくら安くタブレットが手に入るといっても、毎月定額の通信費用がかかってしまうなら大きな負担になってしまいます。

そして、通信費用が定額ということは、節約したければ月額料金を下げるのが最も有効でしょう!

 

タブレットの節約ポイントは4つ

では、タブレットを節約するポイントを説明していきましょう。

大きなポイントとしては4つ。これさえ守ればもう大丈夫です。

 

スマホ会社のタブレット契約は気をつけて!

docomo、au、ソフトバンクなどの大手キャリアでは、スマホを契約するときにタブレットの契約も勧めてきます。

とくに、スマホの値引きとセットで勧められると断りにくく、そのまま契約してしまうパターンも多いですよね。

ですが、大手キャリアでのタブレット契約は月額料金も高く、非常にコスパが悪いです。

月々割引や実質無料などという甘い言葉で誘惑してきますが、実際には高額な料金が上乗せされるので長い目で見れば損をしてしまいます。

タブレットを契約している限りはずっと料金を払い続けるわけですから。

 

※大手キャリアでタブレット契約するメリットは?

大きなメリットといえば、タブレットが壊れた時や、使い方が分からないときにサポートが受けられます。

お年寄りにとってはいいサービスかもしれません。

でも、タブレットなんて2~3万も出せば十分に使えるものがゴロゴロあるわけです。

わざわざ毎月4,000~5,000円も払って契約すれば、2年満期で総額10万前後を払うことになります。

これじゃ割に合いませんよね?

そして、2年以内の解約で違約金が発生するのが大きなデメリットです。

最初は格安でも、月々料金で相殺されて最終的に割高になってしまうんですね。

 

タブレットを自宅利用するなら、Wi-Fiを使えば無駄なお金はかからない

大手通信キャリアは教えてくれないマル秘ネタですが・・・。

じつはタブレットってどこのメーカーの物でも、Wi-Fi環境で使えるように出来ています。

自宅に固定回線を引いてWi-Fi環境が整ってさえいれば、無料のまま一銭もかからずに使えるのです。

ですが、docomoやauなどは通信料で本体代を相殺しているため、月々の契約をしてもらわないと困るのです。

なので最初から月々料金での契約をすすめてくるわけです。

外でタブレットを使わない人や、スタバなどのフリーWi-Fi環境でしか使わない人は、月額料金の契約をする必要がありませんね

 

SIMフリータブレットに格安SIMを組み合わせる

タブレットのSIMフリーというと馴染みがないかもしれませんが、電気屋さんにいけばわりと売っていたりします。

もし身近にない場合は、Amazonやヨドバシ.comでも売っていますよ。

SIMフリーにした場合のメリットはなんといっても回線代の節約。

上手くいけば半額以下で維持することができます。

デメリットは格安SIMメーカーによってクセがあることで、最初によく調べてから契約することをオススメします。

 

スマホからのテザリングも良いよ!

意外と知られてないのが、スマホからのテザリングです。

契約しているキャリアによってはテザリングオプションでお金を取られますが、十分にメリットがあります。

タブレットだけじゃなくノートパソコンなんかも繋げるため、急ぎでどうしても・・・というときにも威力を発揮します。

デメリットはスマホのパケット容量の消費が激しいことですね。

月に数回ぐらいなら問題ありませんが、頻繁に使うようなら後述のポケットWiFiをオススメします。

 

頻繁にタブレットを持ち出すならポケットWi-Fiがおすすめ!

タブレットを外で使う人も増えてきましたよね。

外で使う場合でおすすめなのが「ポケットWi-Fi」です。

通信専用に作られたものなので、料金の節約になるのはもちろんのこと、通信量が多くても安心です。

やっぱり餅は餅屋ということで。

回線も安定しているため、パケット容量を気にせずに動画や音楽を楽しむこともできるんですよ。

 

ポケットWi-Fiとタブレットの組み合わせが最強すぎる

ぶっちゃけると、タブレットはポケットWi-Fiと相性が良すぎます。

実際にカフェやノマドワークでもこの組み合わせを結構見ます。

使いすぎを気にすることなく、どこでも使えるのが魅力だからでしょうね。

ただ、気をつける点が一つだけ

地下階などスマホで電波を拾いにくい場所では、ポケットWi-Fiも同じように電波を拾ってくれません。

使っていると何も制限がないように思えますが、一応このように制限も少しだけあります。

 

ポケットWi-Fiを契約する時に節約する方法

ポケットWi-Fiは種類がたくさんあるので選ぶのが難しいように感じます。

ですが、実際には代理店がたくさんいるだけで、契約する回線は同じです。

なので契約するときはキャッシュバックや月額料金割引など、オトクなサービスを提供しているところと契約しましょう。

キャンペーンのタイミングによっては、高いところと安いところで3万円以上違うことも。

当サイトではキャンペーンについてまとめてあるので、こちらも参考にしてみてください。

ポケットWi-Fiのキャンペーンまとめ

 

ポケットWi-Fiならスマホの通信料も安くできるよ

じつはあまり知られていませんが、ポケットWi-Fiはスマホからも使うことができます。

ということは、スマホのパケット契約を一番安いプランにしたり、もしくは掟破りのパケット契約停止すら可能なのです。

実際にパケット契約を止めてしまうとメールアドレスも止まったりして不具合があるため、最低料金で契約しなおす人が多い印象です。

「毎月10G以上使って1万円以上かかってるよぉ~!」なんて人は、タブレット関係なしに検討してみてもいいかもしれませんね。

 

ポケットWi-Fiならセキュリティに強い

社用のPCなんかをフリーの公衆Wi-Fiスポットに繋ぐ人を見ると背筋がゾッとします。

公衆Wi-Fiはセキュリティがとても弱く、ヘタをすると通信内容がすべて見られてしまう可能性もあるからです。

Amazondで勝手に買い物をされたり、パスワードクラックされたりしてからじゃ遅いんですよね。

というわけで、公衆のフリーWi-Fiを使うよりも自前のポケットWi-Fiを使った方がセキュリティにも優れています。

個人的にもWi-Fiスポットは、スタバだろうとコメダだろうと使わないようにしています。後でなにかあると怖いので。

 

まとめ

ここまで書いてきて「結局タブレットはどういう風に節約するのがおすすめなの?」という人に僕のオススメプランを提案しましょう!

  1. 自宅でしか使わないよ⇒自宅のWi-Fiを使う
  2. たまに外へ持ち出すよ⇒スマホからのテザリングする
  3. いつも外で使っているよ⇒ポケットWi-Fiを契約する

という感じです。

とくに、ポケットWi-Fiは自宅でも使えるため、自宅の回線代わりに契約する人も増えてきています

以上のように、賢くタブレットを使って節約してみてくださいね。

 

-WiMAXプロバイダ
-,

Copyright© ワイハイ , 2018 All Rights Reserved.